アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!

アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!by TNKトラベル

カンボジア駐在の日本人がアンコールワットだけじゃないカンボジアの魅力をお届けします!

カンボジアに点在する古橋の一つ「スピアン・プラップ・トゥフ」

こんにちは( ˘• Д •˘ )
TNKトラベルシェムリアップ支店の久保です!


久保とおなみさん
先日の記事にてさらっとお伝えした通り、敬愛するししくら先輩がさらっとベトナムに移動となりました。
そしてこの前までししくら先輩が座っていた椅子にいるのはベトナムのホイアンから来たおなみさんです。今後はちょくちょくブログの更新もしてくれるみたいです。

--------------------

さて、本日ご紹介するのは「スピアン・プラップ・トゥフ」という古橋です。


西側からみるスピアン・プラップ・トゥフ
カンボジアのシェムリアップからプノンペンへと続く国道6号線沿いには、アンコール王朝時代に建てられた10余りの古橋が残っています。

その中でも特に大規模かつ保存状態も良いのが今回紹介する「スピアン・プラップ・トゥフ」です。


パノラマでみるスピアン・プラップ・トゥフ
スピアン・プラップ・トゥフはコンポンクディという町にあり、シェムリアップからは車で1時間ほどの距離です。

あまり観光地という感じではないですが、橋の両側にはちょっとした飲み物などを買えるお店があったりします。
長さは50mくらいで、現在も普通に通ることができます。


スピアン・プラップ・トゥフの脚部
橋の下に流れる川は季節によって水位がかわるようで、雨季序盤の7月の水位は上の写真でわかる通りかなり少なかったです。


トンネルみたいな脚部
雨季のピークには数メートルまで水位が上がるそうです。
その様子も見てみたいですねぇ。


完全不審者装備の久保
お、落ちるーーーーーー!


日差し対策もばっちりな久保
なーんてね。

まぁリアルにバランスとるの大変な足場ではありました。
今回はヤナギー先輩とのツーリングの帰りに立ち寄ったので、完全防備なのはご了承ください。笑


ヤナギー先輩と久保
ちょうど現地人の子たちも橋に遊びに来ていたので、写真を撮ってもらいました。
なぜか声かけた時に叫ばれてめっちゃ焦りました。声かけた時はちゃんとヘルメットもマスクもとってたのになぁ。


保存状態の良い欄干が見てとれる
こんなに立派な橋が1000年近く前に造られたなんて驚きですね。
こちらの古橋、スピアン・プラップ・トゥフへは弊社のツアーでも行くことができます。

2017年世界遺産登録!サンボー・プレイ・クック+古橋スピアン・プラップトゥフ

↑そうなんです、実はこちら先日ご紹介した「サンボー・プレイ・クック」という遺跡とセットになっています。

↑サンボー・プレイ・クックに行った時の話はこちら

2017年7月に世界遺産に登録されたサンボー・プレイ・クックはこの夏イチオシの遺跡です!

以上、シェムリアップから久保でした。

お願い、久保の日々の更新を応援クリックを。。
カンボジア情報ランキング 

 

 
→ アンコールワット・シェムリアップ←
→周辺遺跡、市内観光ツアーはこちら ←

 

 

◇◆合わせて読みたい記事◆◇

【注目遺跡】世界遺産に登録直後のサンボー・プレイ・クックに行ってきました
【大自然】カンボジアで自然を満喫するならプノンクーレンが超おすすめ 
【祝】TNKトラベル新サイトオープン&ブログリニューアル!
【ド定番】絶対にはずさない日本人にも人気のカンボジア料理5選
【アンコールワット】カンボジア旅行は何泊がおすすめ?
【2017年】4月5月久保の人気記事まとめ10本

 

カンボジア旅行に関して
メール・LINE等からのお問い合わせ
心よりお待ちしております!!

HP:http://www.tnkjapan.com/ 
TEL: +855 (0) 60-965-835(日本人直通)
MAIL: angkor@tnkjapan.com
Line ID:tabiplaangkor
フォーム:TNKトラベルカンボジアお問い合わせ

<TNKトラベルシェムリアップ支店>

パブストリートから徒歩1分


※Diamond Elephant Travel内日本語デスク

オーガニックな食事とカンボジア産の商品も買えちゃうおしゃれカフェ

こんにちは(@ - ω - @ )
TNKトラベルシェムリアップ支店の久保です!

シェムリアッパー久保とヤナギー先輩
久保(前)とヤナギー先輩(後)
普段はベトナムのホーチミンにいるヤナギー先輩とバイクで遺跡に行った時の写真です。やたら楽しかったです。

↑詳しくはこちらから(記事末にもリンクあり)

----------------------------

今回ご紹介いたしますは、シェムリアップで人気のオーガニック商品の販売もしているオーガニックカフェです。

シェムリアップにあるオーガニックカフェFOOD COOPのエントランス
オーガニック感漂う入口
「FOOD COOP」というお店で、シェムリアップ川の東側のハイスクールと呼ばれるエリアにあります。
けっこう分かりづらい場所でしたが、上の写真の看板があったのでなんとか発見しました。

シェムリアップにあるオーガニックカフェFOOD COOPの外観
可愛らしい一軒家風の店舗
入口を入ると左側にこんな感じのお店があります。
中にはカンボジアで作られた野菜やパンなど、幅広いオーガニック商品たちが並べられています。

シェムリアップにあるオーガニックカフェFOOD COOPの店内商品
FOOD COOPの店内①
なにやら見たことあるような商品が置いてありました。

↑以前こちらの記事でご紹介したSombaiのお酒ですね。
色んな味がありパッケージの可愛いので、お土産にも丁度いい一品です。

シェムリアップにあるオーガニックカフェFOOD COOPの店内商品
FOOD COOPの店内②
FOOD COOPには食品以外にもオーガニックの石鹸やコスメなども置いてありました。
毎日使うものこそこだわった物を使いたいですね。久保はそう思って先日また違うお店で良い感じのシャンプー(9ドル)を購入しましたが、全然泡立たなくて普通のやつ(3ドル)に戻しました。泣

シェムリアップにあるオーガニックカフェFOOD COOPのオーガニック卵
オーガニック卵
まさかの感じで卵も売っていました。800リエルなので、一つ20円くらいですね。
ばら売りの卵ってなんか新鮮でした。

シェムリアップにあるオーガニックカフェFOOD COOPのカフェスペース
FOOD COOPのカフェスペース
店内にはこんな感じのカフェスペースもあり、オーガニックの食材のみを使った食事を楽しむことができます。

シェムリアップにあるオーガニックカフェFOOD COOPのガーデン
屋外の席
上の写真のように、外にも座れるスペースがあります。
庭がけっこう広くて素敵な雰囲気でした。

シェムリアップにあるオーガニックカフェFOOD COOPの座敷席
FOOD COOPの座敷席
こんな感じの座敷席?もありましたが、ご飯食べにくそうだねってことで、屋外のテーブル席で頂きました。

シェムリアップにあるオーガニックカフェFOOD COOPのメニュー
FOOD COOPのメニュー
メニューもかなりおしゃれな感じでした。
緑のチェックマークが付いているものはビーガンメニューとなっています。

一緒にいった石田さんとめちゃくちゃ悩んで、店員さんにも若干急かされてしまいました。

シェムリアップにあるオーガニックカフェFOOD COOPのビーガンバーガー
ビーガンバーガー(5ドル)
久保が頼んだのはこちらのビーガンバーガー。トッピングでアボカドも追加しちゃいました。
別にベジタリアンでもないのですが、たまには体に良いものを食べたいなということでこちらのバーガーにしました。

シェムリアップにあるオーガニックカフェFOOD COOPのビーガンバーガーをほおばる久保
バーガーをほおばる久保
味の方はオリーブオイルがかなり存在感がありました。
も〇みち張りにオリーブオイルが好きな久保には嬉しい味でした。

ビーガンバーガーということで、パティはビーンとポテトで作られており、お腹には溜まるけど重たい感じはなかったです。

シェムリアップにあるオーガニックカフェFOOD COOPのファラフェルプレート
ファラフェルプレート
こちらは同行してくれた石田さんが頼んだファラフェルプレートです。ファラフェルとは右側にある丸っこいやつで、中東でよく食べられるビーンコロッケみたいなやつです。カレー風味の味付けで、ピリ辛でした。

左にあるのは、これまた中東などではメジャーなピタというパン的なやつです。真ん中の白いのはヨーグルトです。

シェムリアップにあるオーガニックカフェFOOD COOPの店内装飾
植物の装飾が素敵な店内
置いてある商品もカフェの食事も健康的なものばかりで、つかの間のオーガニックなライフをエンジョイしてきました。

《店舗情報》

名前:FOOD COOP(フードコープ) 
営業時間:8:30~18:00
定休日:月曜日
連絡先:015 566 582
ロケーション:Chocolate Road, Siem Reap
https://goo.gl/maps/RNb33kBBcyv

オーガニックな食事を摂って健康的な時間を過ごしたい方におすすめです。カンボジア産のオーガニックなお土産も購入できます♪

以上、シェムリアップより久保でした。

お願い、久保の日々の更新の応援クリックを。。
カンボジア情報ランキング 

 
→ アンコールワット・シェムリアップ←
→周辺遺跡、市内観光ツアーはこちら ←

 

◇◆合わせて読みたい記事◆◇

【注目遺跡】世界遺産に登録直後のサンボー・プレイ・クックに行ってきました
【お土産】シェムリアップに来たら100%天然の極上ハーブ石鹸をゲットせよ
シェムリアップ土産の新定番⁉カンボジアのお酒テイスティングに行ってきました!
【祝】TNKトラベル新サイトオープン&ブログリニューアル!
【2017年】4月5月久保の人気記事まとめ10本
【アンコールワット】カンボジア旅行は何泊がおすすめ?

 

カンボジア旅行に関して
メール・LINE等からのお問い合わせ
心よりお待ちしております!!

HP:http://www.tnkjapan.com/ 
TEL: +855 (0) 60-965-835(日本人直通)
MAIL: angkor@tnkjapan.com
Line ID:tabiplaangkor
フォーム:TNKトラベルカンボジアお問い合わせ

<TNKトラベルシェムリアップ支店>

パブストリートから徒歩1分


※Diamond Elephant Travel内日本語デスク

【巨岩遺跡】道なき道を進め!プンコムヌーに行ってみた

おはこんばんにちは('◇')ゞ
TNKトラベルシェムリアップ支店のししくらです(?)

 
先日の21日にシェムリアップからベトナムのホーチミンへ異動してしました(;・∀・)

ホーチミン都会過ぎて既にシェムアップが恋しいです。。。

…さて
今回は先日コーケー遺跡近くの村へ行った帰りに、プンコムヌー(プーンコムヌー)に立ち寄った模様をお送り致します。

 

 プンコムヌー(Peung Komnou)はベンメリア遺跡から北へ十数キロ、スヴァイル―(Svay Lue)村の近くにあり、
↑のGoogle mapにあるようにプンコムヌーも霊峰プノンクーレンの一部です。

ただプノンクーレンの入場料($20)は不要でプンコムヌーへは無料で入場出来ます。

↑プノンクーレンについて詳しくはこちら

東側から見たプノンクーレン

 

ベンメリア遺跡、コーケー遺跡のある舗装された道から赤土の道へ入り、更にあぜ道へと段々険しい道へと進んでいきます。


プンコムヌーへ辿り着くためにはガチなオフロード(緩いトライアル競技のような道)を進んで行くことになります。
セダンタイプの車やスクーターの類では登っていけないので徒歩もしくはプンコムヌーの麓にいるバイクタクシー($5程度)で向かうのが現実的です。

岩や木の根を避けて進む知人


但し夕方にはバイクタクシーがいなくなってしまう為、日中に訪れることをオススメします。
途中道が何度も分岐しているので、土地勘のあるカンボジア人のサポートが必須になります。
今回は一緒にコーケー村へ行った知人とプンコムヌーの近隣に住む人々の道案内を経て遺跡に辿り着くことが出来ました。

プンコムヌーの周辺には遺跡の建造に使われた石材の切り出しが行われたりと巨岩がゴロゴロしているエリアです。
プンコムヌーはそれら巨岩に「ガネーシャ」や「ヴィシュヌ神とラクシュミー」「ガルーダに乗るヴィシュヌ神」などき紀元前11世紀頃に彫られたという彫刻がいくつか存在します。


 

 





巨岩とプンコムヌー近くの集落に住む子供たち

正直、大規模な遺跡ではなくスヴァイル―村から遺跡見学含めて1時間半くらいあれば事足りてしまいますが、
観光客のいない、というか「地球の歩き方」にすら掲載されていない現地民に寄り添った遺跡を見に行くのも時間があれば良いかもです。
但しサソリやコブラ、地雷などの恐れもあるので、訪れる際にはくれぐれもご注意下さい。

ベンメリアやコーケー観光と併せて訪れるのもありです。
弊社ではコーケー遺跡と併せたツアーを催行しております!

↓↓
幻のプンコムヌー+コーケー遺跡ツアー 秘境ハンター大集合!!


ツアー中にはこんな光景が見れるかも!

コーケー遺跡群内の赤土道と牛

コーケー遺跡からの折り返し途中遠くに見えるプノンクーレンなどの山々

 

ご興味のある方は是非、ツアーのお申込みを!!
それでは本日も都会の喧騒で賑やかなベトナム・ホーチミンよりししくらがお送り致しました('◇')ゞ

では、いつものクリックお願いします。

ポチポチってお願いします! 

 

→ アンコールワット・シェムリアップ←
→周辺遺跡、市内観光ツアーはこちら ←

  

 

◇◆合わせて読みたい記事◆◇

【大自然】カンボジアで自然を満喫するならプノンクーレンが超おすすめ

カンボジアサイクリング、トラブル発生!?突撃カンボジア田舎訪問!

シェムリアップ、田舎サイクリング!

シェムリアップ最大の市場プサー・ルーへ行って来ました!!


  

メール・LINE等からのお問い合わせお待ちしております!!

TEL: +855 (0) 60-965-835(日本人直通)

MAIL:angkor@tnkjapan.com

Line ID:tabiplaangkor

HP:http://www.tnkjapan.com/ 

Facebook:https://www.facebook.com/cambodia.tabipla/

Twitter:@TNK_Angkor

<旅ぷらTNKトラベルシェムリアップ支店>

パブストリートから徒歩1分


※Diamond Elephant Travel内日本語デスク

【シェムリアップ】ナイトマーケットにある日系のNATURALなお土産屋さん

こんにちは( =  ゜ω ゜= )
TNKトラベルシェムリアップ支店の久保です!

本題に入る前に今日は非常に残念なお知らせがあります。
なんと久保の敬愛するししくら先輩がベトナムのホーチミン支店へと異動になりました。。

シェムリアップを旅立つししくら先輩
旅立ちのししくら先輩
たった4カ月の間でしたが、先輩とは色んな所に行き色んな思い出を作ったので寂しくなります( ;∀;)

↑ししくら先輩が一番輝いていたであろう記事
TNKトラベルホーチミン支店にて先輩に会えますので、ベトナムに行かれる方は是非。(誰得)

-----------------------------------

ま、いつまでも寂しがっている訳にはいかないので、気を取り直して本題へ。
今回ご紹介するのはナイトマーケットにある日系NPOのお土産屋さんです。

カンボジアシェムリアップのナイトマーケットにあるナチュラルバリュー
ナイトマーケットにあるNATURAL VALUE
場所の説明がややこしいのですが、ナイトマーケットの真ん中の通りの右手側の端にあるのが、今回ご紹介するNATURAL VALUE(ナチュラルバリュー)さんです。
詳しい場所が分からない時は、TNKトラベルのオフィスもナイトマーケット徒歩3分ですので、気軽に聞きに来てください。

NATURAL VALUEプロジェクトは、生活が大変な地域に住む女性やお母さんに対して技術訓練をし、貧困から脱却できるよう職業訓練をする自立支援型のプロジェクトです。
村の女性に対して技術指導を行い、ものづくりを行っています。

NATURAL VALUE公式ページより

ナチュラルバリューについて詳しくは上のリンクからとべます。

カンボジアシェムリアップのナイトマーケットにあるナチュラルバリューの中島さん
NATURAL VALUEインターン生の中島さん
お店には日本人がいる時もあり、この日は中島さんというインターン生の方がいらっしゃいました。
辛いものが好きということで、久保が先日紹介した激辛のラーメン屋に誘われてしまいました。

彼女が1番辛いやつを食べるのであれば行くという話に収まりました。

カンボジアシェムリアップのナイトマーケットにあるナチュラルバリューのアタパエTシャツ
アタパエビールTシャツ(13ドル)
ここからはごく自然な流れでナチュラルバリューさんの商品を紹介していくっす!

NATURAL VALUEで売っているTシャツは、くっくま孤児院という孤児院の子どもたちによってデザインが考えられたTシャツです。
上のTシャツはアタパエという「酔っ払い」を意味するクメール語が書かれています。

カンボジアシェムリアップのナイトマーケットにあるナチュラルバリューのTシャツを切るヤナギー先輩
酔っ払い代表ヤナギー先輩
ホーチミンから出張に来ているヤナギー先輩が着るとこんな感じ。
一日のうち14時間くらいは酔っぱらっています。

カンボジアシェムリアップのナイトマーケットにあるナチュラルバリューのかごバッグ
ウォーターヒヤシンスで作られたバッグ
カンボジアの女性たちによって手作りで作られたバッグも人気商品の一つだそうです。
上の写真のものはSサイズです。

サンドイッチとか入れてピクニックしたいですね♪
日本のコンビニのサンドイッチを食べたい。。

カンボジアシェムリアップのナイトマーケットにあるナチュラルバリューのポーチ
チェック柄のポーチ(16ドル)
こちらのポーチも底の部分がウォーターヒヤシンスで編まれています。
NATURAL VALUEのタグが可愛らしいですね。

カンボジアシェムリアップのナイトマーケットにあるナチュラルバリューのフサフサイヤリング
フサフサのイヤリング(5ドル)
こちらのイヤリングも手作りだそう。
カラフルでフサフサでいい感じです。

カンボジアシェムリアップのナイトマーケットにあるナチュラルバリューのフサフサイヤリング
長いフサフサを切って短くしてました
イヤリングはもともとは長いフサフサだけだったのが、お客さんから「短いのがあったら買う」と言われ、切りまくっているそうです。笑

これがマーケティングというやつですね。

カンボジアシェムリアップのナイトマーケットにあるナチュラルバリューのカンボジア国旗ピアス
カンボジア国旗柄のピアス(3ドル)
ピアスも置いてあって、普通に欲しくなりました。
まぁ、穴開けてないんですけどね。久保は注射とか痛いのは基本無理です。

カンボジアシェムリアップのナイトマーケットにあるナチュラルバリューにあるサブーサバイの石鹸
サブーサバイの石鹸
先日久保もご紹介したサブーサバイさんの天然ハーブ石鹸も置いてありました。
久保も愛用している神石鹸です。

↑詳しくはこちらの記事にて

カンボジアシェムリアップのナイトマーケットにあるナチュラルバリューのタイガーバーム
懐かしのタイガーバーム
まさかのタイガーバームもありました。
めっちゃ懐かしいなと思ったら、日本ではもう販売されてないみたいですね。

筋肉痛の回復や、鼻づまり解消など色んな用途に使えるタイガーバーム。
久保はよく眠気覚ましに目の下とかに塗ってました。

カンボジアシェムリアップのナイトマーケットにあるナチュラルバリュー中島さん
目の下にタイガーバームを塗る中島さん
効果はバツグンですが、塗りすぎると涙が止まらなくなるので要注意です。

《店舗情報》

名前:ナチュラルバリュー(NATURAL VALUE) 
営業時間:18:00~22:00
定休日:なし
ロケーション:Night Market, Siem Reap
https://goo.gl/maps/k8AvWceCqMo

お土産を買うなら絶対に訪れたいナイトマーケット、色んなお店がひしめき合っていて楽しいです。
ナイトマーケットに行かれた際は是非ナチュラルバリューにも立ち寄ってみてください。

以上、シェムリアップより久保でした。

お願い、久保の日々の更新の応援クリックを。。
カンボジア情報ランキング 

 
→ アンコールワット・シェムリアップ←
→周辺遺跡、市内観光ツアーはこちら ←

 

◇◆合わせて読みたい記事◆◇

【激辛⁉】シェムリアップで大人気の韓流ラーメン店で思わず涙
【お土産】シェムリアップに来たら100%天然の極上ハーブ石鹸をゲットせよ
日本人経営のオススメ店舗集!【ナイトマーケット編】
【祝】TNKトラベル新サイトオープン&ブログリニューアル!
【2017年】4月5月久保の人気記事まとめ10本
【アンコールワット】カンボジア旅行は何泊がおすすめ?

 

カンボジア旅行に関して
メール・LINE等からのお問い合わせ
心よりお待ちしております!!

HP:http://www.tnkjapan.com/ 
TEL: +855 (0) 60-965-835(日本人直通)
MAIL: angkor@tnkjapan.com
Line ID:tabiplaangkor
フォーム:TNKトラベルカンボジアお問い合わせ

<TNKトラベルシェムリアップ支店>

パブストリートから徒歩1分


※Diamond Elephant Travel内日本語デスク

キャンディーだけじゃないシェムリアップのお土産屋「キャンディーアンコール」

こんにちは v(・Д・)v
TNKトラベルシェムリアップ支店の久保です!


久保inサンボープレイクック
先日サンボープレイクックというカンボジア第三の世界遺産に行った時の写真ですっ。

↑詳しくはこちらをチェック

ーーーーーーーーーーー

さてさて今回は昨年ヤナギー先輩も取材に行ったようなのですが、久保もずっと気になっていた「キャンディーアンコール」さんにお邪魔してきましたよ。

 

tnkjapanangkor.hatenablog.com

↑昨年の記事はコチラ

 


キャンディーアンコールの外観
キャンディーアンコールはシェムリアップ市内にあるお土産屋さんで、その名の通り「飴」を作って販売しているお店です。

場所はシェムリアップの中心部からアンコールワットへと向かう道の途中です。詳しい場所は記事末にてご確認を。

このお店はどのガイドブックにも載っている人気店で、多くの観光客がキャンディーアンコールの飴ちゃんを買っていきます。


キャンディーアンコールのやよいさん
日本で飴細工師をしていたやよいさんが先生となって、カンボジアのスタッフにその技術を伝えているそうです。
気さくでおしゃれで素敵な人でした。


飴を作っているカンボジア人スタッフ
店内は上の写真のようにガラス張りの工房があり、どのように飴を作っているか見ることができます。
日本でも見たことなかったので、新鮮で面白かったです。


キャンディーアンコールの店内
上の写真は店内入ってすぐのところです。
店内の装飾が総じて可愛らしかったのが印象的でした。


キャンディーアンコールの店内
センスに溢れていますね。うちのオフィスもこんな感じで可愛らしくしていこうと思いました。


キャンディーアンコールのキャンディー
先ほどからの装飾や看板で気づいているかもしれませんが、キャンディーアンコールの目玉商品は「金太郎飴」です。

きんたろうあめ
金太郎飴
 
  1. どこを切っても、断面に金太の顔が現れるように作った棒状のあめ。
     

金太郎飴ってこういうやつです。
金太郎の代わりにアンコールワットなど色んな可愛いデザインがあしらってあります。


キャンディーアンコールのキャンディー
上の写真の飴はクメール文字が書かれています。
こんな繊細なデザインもできることにびっくりでした。


キャンディーアンコールのおすすめ商品
上の写真のようなお土産にピッタリなセット商品もありました。
箱がまた可愛いんですよね( ˘•ω•˘ )

金太郎飴だけでなく、ロリポップ(棒付きキャンディー)もあります。


キャンディーアンコールの作業場
なんと、このキャンディーアンコールでは実際に飴を作る体験をすることができます金太郎飴は2人から、ロリポップは1人から作れるそうです。

久保は今度作りに行く予定です。一緒に行く人募集中です。


どこからともなく現れたお猫様
久保が店内をふらふらしていると不意に足元に気配を感じ、見てみるとこんなことになっていました。
なごむ( ̄∀ ̄*)


キャンディーアンコールの店内
お店の奥の方にはキャンディー以外のお土産もたくさん並んでいました。
キャンディー以外もよく売れるそうなので、どんなものがあるか見てみましょう。


カンボジアのビールたち
これはまぁ、売れますね。
お土産にも自分用にも素晴らしい商品です。


生コショウの漬物
実はカンボジアはコショウがかなり有名なんです。
色んなお土産屋さんで普通のコショウは手に入りますが、こちらにあったのは生コショウ、しかも漬物。

試食用のものがあったので食べてみましたが、独特の風味がありかなり新鮮な味わいでした。


キャンディーアンコールのお土産
店内にはさらに上の写真にある、日本人の関わっているNPOなどの団体の商品も並んでいます。

各団体の詳しい紹介なども置いてあるので、キャンディーアンコールにくればに来れば色んな団体の商品や情報が一発で手に入ります。


HariHaraの商品コーナー
ナイトマーケットにもお店を出しているHariHaraの商品も並べられていました。

↑ナイトマーケットにある日系のお店まとめ


やよいさんと久保
いかがでしたでしょうか。可愛らしい店内に可愛らしいキャンディー。
さらにはキャンディー以外の食品系のお土産や、人気の日系団体の商品も手に入ってしまうというキャンディーアンコール、行くしかないのでは?

《店舗情報》

名前:キャンディーアンコール(CANDY ANGKOR) 
営業時間:9:30~19:00
定休日:なし
連絡先:+855 63 964 755
ロケーション:King's Road, Siem Reap
https://goo.gl/maps/rwqsm1JVHbQ2


キャンディーアンコールのLINEスタンプ
なんとキャンディーアンコールのLINEスタンプもあるそうなので、気になった方はチェックチェック♪

以上、シェムリアップから久保でした。

お願い、久保の日々の更新を応援クリックを。。
カンボジア情報ランキング 

 
→ アンコールワット・シェムリアップ←
→周辺遺跡、市内観光ツアーはこちら ←

 

◇◆合わせて読みたい記事◆◇
【新商品入荷】シェムリアップのSUSUショップにある商品を一挙紹介
空港で買っちゃダメ⁉お土産もまとめてそろうシェムリアップ最強の免税店

【祝】TNKトラベル新サイトオープン&ブログリニューアル!
【ド定番】絶対にはずさない日本人にも人気のカンボジア料理5選
【アンコールワット】カンボジア旅行は何泊がおすすめ?
【2017年】4月5月久保の人気記事まとめ10本

 

カンボジア旅行に関して
メール・LINE等からのお問い合わせ
心よりお待ちしております!!

HP:http://www.tnkjapan.com/ 
TEL: +855 (0) 60-965-835(日本人直通)
MAIL: angkor@tnkjapan.com
Line ID:tabiplaangkor
フォーム:TNKトラベルカンボジアお問い合わせ

<TNKトラベルシェムリアップ支店>

パブストリートから徒歩1分


※Diamond Elephant Travel内日本語デスク

【注目遺跡】世界遺産に登録直後のサンボー・プレイ・クックに行ってきました

こんにちは(* `∀´ *)
TNKトラベルシェムリアップ支店の久保です!


遺跡にたたずむ久保
ちょっとキメてみました。

さぁ今回は上の久保みたいな写真も撮れちゃう、2017年7月に世界遺産に登録されたばかりの

サンボー・プレイ・クック

に行ってきましたよっていう記事です。
例によって写真満載でお届けします。


バイクが似合うヤナギー先輩
今回は短期出張でカンボジアに来ているヤナギー先輩の後ろに乗って行ってきました。

サンボー・プレイ・クックはシェムリアップから車で3時間ほどと、なかなか遠いとこにあるので、朝7時から割とごっついバイクをレンタルして行きました。


サンボー・プレイ・クックに行く道中
上の写真からもわかる通りかなり天気が際どかったです。
今にも降りそうな中、晴天を祈りながらサンボー・プレイ・クックへと向かいます。

まぁバイクに乗ってる分には曇りが一番涼しくて楽ではありますが。
ちょうど遺跡に着いたくらいに晴れろと願ってました。


朝ごはんピットイン
1時間くらいかっとばした辺りでエネルギー補給。(朝食)
丁度いいところに小さい村があったので、そこの食堂で頂きました。


クイティウ・サイモアン
食べたのはカンボジアの定番朝ごはんのクイティウです。
5000リエル($1.25)。やすいっ。

完全に外人なんてこないようなお店だったので、英語が通じにくくて楽しかったです。
過去1年ほどカンボジアにいたヤナギー先輩の語学力に救われました。


サンボー・プレイ・クックの入口
サンボー・プレイ・クックはアンコール遺跡ほどではないですが、広大な遺跡群で、上の写真はその入口の看板です。

ここから先にも普通に村があって人が生活しています。


サンボー・プレイ・クックの敷地内
先ほどの入口からどんどん奥に進んでいくと、上の写真のような田園風景や牛たちが歩いているのを見ることができます。
まぁ、めっちゃ田舎っす。


サンボー・プレイ・クックのチケット売り場
入口からさらに30分くらいのところに、サンボー・プレイ・クックの主要遺跡が集まっているエリアがあり、そこの手前にチケット売り場があります。


チケットとヤナギー先輩
世界遺産なのに入場料はたった3ドル!(2017年7月20日現在)
アンコール遺跡が1日券で37ドルと考えると激安です。ヤナギー先輩がチケット食べている理由はお察しください。

長らくお待たせしました。
ようやくここからサンボー・プレイ・クックの遺跡紹介です。
アンコールワット、プレアヴィヒアに続いてカンボジア第三の世界遺産となります。

サンボー・プレイ・クックの主要遺跡は3つのグループに分けられており、それぞれ

プラサットサンボー(Nグループ)
プラサットイェイポアン(Sグループ)
プラサットタオ(Cグループ)

と呼ばれています。今回は久保たちが周った順番にご紹介。

Nグループ

Nグループの遺跡はチケット売り場からの広めの道沿いにあります。


N-18・プラサットチュレイ
それぞれのグループの遺跡には名前の代わりに番号が振られています。
上のプラサットチュレイは例外的に名前もありますが、サンボー・プレイ・クックの多くの遺跡は番号のみとなっています。

それにしてもプラサットチュレイ、凄い迫力でした。
小さい祠堂を木の根っこが完全に飲み込んでいます。


N14-2 / リンガとヨニ
上の写真はリンガという男性器を表す彫刻、ヨニという女性器を表す彫刻です。
雨季ということもあり、コケがいい感じに蒸していました。


N-1 / Nグループの最大の遺跡
こちらがプラサットサンボー(Nグループ)の中央にある遺跡。
さすがに立派ですね。まわりに牛がいるのがまた良い感じ。


牛に囲まれるヤナギー先輩
そんな可愛らしい牛たちですが、近づくとゆっくり離れていきます。
牛と戯れたかったヤナギー先輩は少し寂しそうでした。。


N7 / 八角形の遺跡
こちらの遺跡はクメール建築の建物の中でも、サンボー・プレイ・クックにしかない、八角形の平面をもった遺跡です。


N-7の壁に描かれた彫刻
状態が良いとは言えませんが、繊細な彫刻が印象的でした。
この他の遺跡にも多くの彫刻が残っており、サンボー・プレイ・クックの魅力の一つとなっています。


N-11 / 大規模な遺跡
手前に移るヤナギー先輩と比較してもらえるとわかりますが、こちらもかなり大きな遺跡です。
サンボー・プレイ・クックの遺跡はほとんどがレンガ造りになっており、独特の雰囲気を楽しむことができます。


N12 / feat.ヤナギー先輩
ヤナギー先輩が撮ってほしそうな顔で見ていたので、思わずパシャリ。
背があると画になりますね。

Sグループ

続いてSグループの遺跡をご紹介。


S-3 / Sグループの入口にある遺跡
Sグループはプラサットイェイポアンと呼ばれていて、Nグループから歩くと10分ほどの森の中にあります。

こちらの入口にある遺跡も木に浸食されており、不思議なオーラを放っていました。


遺跡と久保(逆光)
行ってみたら普通に上がれたのでパシャリ。
めっちゃ逆光ですが、なんか神秘的ですね。


S-7 / 屋根が変わった感じの遺跡
Sグループには先ほどもご紹介した八角形の遺跡が多くあります。
その中でも比較的大きかったのが上の写真の遺跡です。
遺跡上部に屋根みたいなのが付いていて変な感じでした。


S-1 / Sグループの中心遺跡
サンボー・プレイ・クックの魅力の一つとして挙げられるのが、遺跡の数です。
歩いて回れる範囲内に写真にあるような遺跡たちが点在しているので、細かい違いを比べてみたり、自分のお気に入りを決めてみたりと色んな楽しみ方ができます。


S-5 / 異世界に行けそうな遺跡
上の写真のS-5はさっき久保が写真に写っていたS-3の反対側にあります。
小規模ながらも城壁のようなものがあり、そこに造られた門のようでした。

なんだか違う世界に繋がってそうで、若干こわかったです。
久保は想像力豊かですが、頭は正常です。


未登録?/いい感じに座れる遺跡
上の写真はSグループですが、おそらく番号が振られていないものです。
久保の最初の写真はここで撮りました。


久保と遺跡
意外に高さがあり座るのが大変でしたが、遺跡自体はかなりしっかりしていました。


ピザ釜みたいな遺跡
こちらは保護されている遺跡で、もともとはちゃんとした建物だったようです。
久保的にはでっかいピザ釜みたいだなぁと思いました。

Cグループ

Cグループは遺跡の数は多くないですが、立派な遺跡が印象的でした。


C-1 / Cグループの中央遺跡
上の写真がCグループの中央遺跡です。
周りは木々に囲まれただならぬ存在感を感じました。


C-1遺跡のシンハ象
特にシンハ象とう獅子の像が特徴的でした。
アンコール遺跡で見れるシンハ象とはたてがみの感じが違っています。もふもふです。


シンハ象とヤナギー先輩
こうして並べてみると、どれがヤナギー先輩か分かりませんね。
さすがは自称「百獣の王」ですね。ちなみに真ん中がヤナギー先輩です。


C-1遺跡の内部
中はこんな感じになっています。
観光客もそうですが、現地のカンボジア人の方も意外に多かったです。


C-1遺跡の天井部
上を見上げるとこんな感じになっています。
全部レンガで積まれています。どうやって積みあげたんですかねぇ( ゚д゚) 

以上が主要な3グループの遺跡たちでした。
所要時間はだいたい2時間くらい。
遺跡についてもっと色々聞きたかったので、欲を言えばガイドさんを付けての観光をおすすめします。


サンボー・プレイ・クックからの帰り道
新たに世界遺産に登録されたサンボー・プレイ・クック。
さすがは世界遺産といった感じでした。自然も豊かで木陰が多く歩きやすかったです。
少し遠いですが、行く価値は大いにありです!

ちなみにTNKトラベルでは今回紹介したサンボー・プレイ・クックと、スピアン・プラップ・トゥフという古橋に行く日本語ガイド付きツアーを取り扱っています。

サンボー・プレイ・クック+古橋スピアン・プラップトゥフ

 

な、なんとカンボジア第二の世界遺産、天空寺院プレアヴィヒアとサンボープレイクックを訪れるツアーもできちゃいました!

2大世界遺産訪問!プレアヴィヒア+サンボー・プレイ・クック!!!

 

行くのであればおそらく上がるであろう遺跡入場料が3ドルの今がおすすめです!
この夏カンボジアに来られる方は是非、ご検討ください( ゚Д゚)

以上、シェムリアップから久保でした。

お願い、久保の日々の更新を応援クリックを。。
カンボジア情報ランキング 

 

 
→ アンコールワット・シェムリアップ←
→周辺遺跡、市内観光ツアーはこちら ←

 

 

◇◆合わせて読みたい記事◆◇

【写真満載】カンボジア第二の世界遺産、プレアヴィヒアの現地ツアーレポ 
【大自然】カンボジアで自然を満喫するならプノンクーレンが超おすすめ 
【祝】TNKトラベル新サイトオープン&ブログリニューアル!
【ド定番】絶対にはずさない日本人にも人気のカンボジア料理5選
【アンコールワット】カンボジア旅行は何泊がおすすめ?
【2017年】4月5月久保の人気記事まとめ10本

 

カンボジア旅行に関して
メール・LINE等からのお問い合わせ
心よりお待ちしております!!

HP:http://www.tnkjapan.com/ 
TEL: +855 (0) 60-965-835(日本人直通)
MAIL: angkor@tnkjapan.com
Line ID:tabiplaangkor
フォーム:TNKトラベルカンボジアお問い合わせ

<TNKトラベルシェムリアップ支店>

パブストリートから徒歩1分


※Diamond Elephant Travel内日本語デスク

 

【お土産】シェムリアップで一番ハードでロックなカフェがこちら

こんにちは (ー∀ー)」
TNKトラベルシェムリアップ支店の久保です!


ROCKな久保(左)と石田(右)
本日はROCKなノリでお届けするぜ!
なぜなら先日HARD ROCK CAFEのショップに行ってきたからなんだぜ☆

ちなみに石田はTNKトラベルの社員じゃないぜ!
ナチュラルバリュー / NPO法人GLOBE JUNGLE

↑石田はシェムリアップでNPO法人の何かしらをやっているらしいぜ!(よく知らないZE)


ハードでロックなショップ
ふざけすぎましたm(_ _)m
ここからはいつものテンションで書きます。

こちらのHARD ROCK CAFEはキングスロードいう、シェムリアップの観光拠点であるオールドマーケットから川を渡ってすぐのところにあります。

↑キングスロードについてはこちらの記事から


ハードロックカフェのショップ内
店内ももちろんロックな雰囲気。(テキトー)
ハードロックカフェはロンドン発のアメリカンレストランで、日本にも複数の店舗を構えています。

そしてハードロックカフェといえば、各国オリジナルのアイテム!
世界中に120の店舗があるハードロックカフェは各店舗でオリジナルの商品を販売しています。


ハードロックTシャツ
上の写真はお馴染みのハードロックTシャツですね。
ロゴの下の文字が「ANGKOR CAMBODIA」になっています。

実はハードロックの商品には世界中にコレクターがいて、なかでもピンバッヂは交換会なんかのイベントもあるそうです。


おしゃれハードロックTシャツ
久保が個人的にしゃれてるなぁと思ったのはこちらのTシャツ。
カンボジアの国旗の上からHARD ROCKの文字。

レディースしかなかったのが残念。
女友達へのお土産にしたいですね。


ハードロックボトル
こういったボトルにもANGKORの文字が入っており、どこで購入したか分かるようになっています。


よくわからんぬいぐるみ
なぜかパンダと、おそらくはハードロックカフェのオリジナルキャラ?のぬいぐるみが並んでいました。
こういうのもきっと集めている人がいるのでしょう。。


エミネムの履いたスニーカー
ハードロックカフェのもう一つの特徴は、有名なミュージシャンたちが使ったアイテムを掲示しているということです。
シェムリアップのお店にも色んなスターたちのギターやら靴やらが飾られていました。

上の写真はヒップホップの世界では超有名なエミネム(EMINEM) が使用していたスニーカーだそうです。ROCKちゃうんかい。


ハードロックカフェのレストラン
ショップの奥にはレストランがあり、屋外のテラス席にはステージもあります。
客がいてもいなくても毎晩のように誰かしらが何かしらの演奏をしています。

今回は食事はしませんでしたが、また機会があれば行ってみようと思います。

《店舗情報》

名前:ハードロックカフェ(HARD ROCK CAFE)
営業時間:11:00~24:00
定休日:なし
連絡先:+855 63 963 964
ロケーション:King's Road, Siem Reap
https://goo.gl/maps/uYHVN62HoXr

ハードなロックがお好きな方は是非。
Tシャツとか小物も可愛い商品がたくさんあるので、キングスロードに行った際には是非立ち寄ってみてください。

以上、シェムリアップから久保でした。

お願い、久保の日々の更新を応援クリックを。。
カンボジア情報ランキング 

 

 
→ アンコールワット・シェムリアップ←
→周辺遺跡、市内観光ツアーはこちら ←

 

 

◇◆合わせて読みたい記事◆◇

シェムリアップのオススメ観光スポット『キングスロード』
【新商品入荷】シェムリアップのSUSUショップにある商品を一挙紹介
空港で買っちゃダメ⁉お土産もまとめてそろうシェムリアップ最強の免税店

【祝】TNKトラベル新サイトオープン&ブログリニューアル!
【ド定番】絶対にはずさない日本人にも人気のカンボジア料理5選
【アンコールワット】カンボジア旅行は何泊がおすすめ?
【2017年】4月5月久保の人気記事まとめ10本

 

カンボジア旅行に関して
メール・LINE等からのお問い合わせ
心よりお待ちしております!!

HP:http://www.tnkjapan.com/ 
TEL: +855 (0) 60-965-835(日本人直通)
MAIL: angkor@tnkjapan.com
Line ID:tabiplaangkor
フォーム:TNKトラベルカンボジアお問い合わせ

<TNKトラベルシェムリアップ支店>

パブストリートから徒歩1分


※Diamond Elephant Travel内日本語デスク

【コーケー遺跡の村】また、カンボジアの村へ行ってきました!

おはこんばんにちは('◇')ゞ
TNKトラベルシェムリアップ支店のししくらです(^^)

 

昨日コーケー遺跡近くの知人の畑を見に行ってきました。

と始める予定でしたが流石カンボジア、そうもいかず...

…さて
コーケー遺跡といえば、シェムリアップから120㎞ほどにある遺跡群で、
その中の「プラサット・トム」はカンボジアにあるピラミッド型遺跡として有名です。

そうそう、以前のブログでも久保くんがオススメ遺跡として紹介していましたね。

 

 

 

そんなコーケー遺跡の周辺もアンコール遺跡と同様に景観保護故の森林保護がされていますが、
区域の農村・山村では森を切り開いての開墾がじわじわと進んできています。

しかしながら村は相変わらずの穏やかな時間が流れており、前回の2016年3月に訪れた時と然程変化はないように思いました。

 

写真中央の木々から少し見えているのがプラサット・トム

今回、知人の畑を見に行くことは結果的に叶わなかった訳ですが、


こんな道や


こんな道を越えて軽く集落の家々を見ることは出来ました。


プラサット・プラム近くの集落から途轍もない悪路と森をバイクで進むこと1時間。
森を切り開いた場所に山芋を栽培する農家の家がありました。

クメール語に乏しい僕には詳しい暮らしぶりまでは聞き取れませんでしたが、7,8人の家族と共に電気もガスも水道もないほぼ自給自足に近い生活を送っているようでした。


道中では他にも道案内をしてくれたお兄さんの家は
まだ建設途中で壁をビニールシートで代用しながら住んでいたり、

 

 小学校の通学路から見える距離で地雷注意の看板が残っていたりと中々日本いては体験できない日常を知ることが出来ました。

 

そんな感じで自給自足が中心で貨幣経済の依存度が低い、家族・ご近所さんたちが助け合わなければ到底生きていけない環境があればこそ、彼らが人懐っこさや素朴さを持ち合わせているのだと思うと何とも言えない気持ちになります。

カンボジアの魅力は遺跡だけではなく、人々や田舎にあるのかもしれませんね。
もう少しクメール語の語彙を増やそうと思った一日でした。

 

中々ツアー等で農村・山村に見学やホームステイをするのは受け入れ側にとっても体験する側にとっても難しいことですが、どうしても興味があって相談したい方はご連絡下さい。 
それでは本日もシェムリアップよりししくらがお送り致しました('◇')ゞ


では、いつものクリックお願いします。

ポチポチってお願いします! 

 

→ アンコールワット・シェムリアップ←
→周辺遺跡、市内観光ツアーはこちら ←

  

 

◇◆合わせて読みたい記事◆◇

カンボジアサイクリング、トラブル発生!?突撃カンボジア田舎訪問!

シェムリアップ、田舎サイクリング!

シェムリアップ最大の市場プサー・ルーへ行って来ました!!


  

メール・LINE等からのお問い合わせお待ちしております!!

TEL: +855 (0) 60-965-835(日本人直通)

MAIL:angkor@tnkjapan.com

Line ID:tabiplaangkor

HP:http://www.tnkjapan.com/ 

Facebook:https://www.facebook.com/cambodia.tabipla/

Twitter:@TNK_Angkor

<旅ぷらTNKトラベルシェムリアップ支店>

パブストリートから徒歩1分


※Diamond Elephant Travel内日本語デスク

【大自然】カンボジアで自然を満喫するならプノンクーレンが超おすすめ

こんにちはq(´ o ` )p
TNKトラベルシェムリアップ支店の久保です。

シェムリアッパー久保inプノンクーレン
滝と久保とカンボジア人たち
何やら涼しげな場所にいますね。

こちらはプノンクーレン国立自然公園という国立公園で、見ての通り遊びに行ってきたので一体どんなところなのか写真満載でお届けしまっせ。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園
車窓からの景色
プノンクーレンまではシェムリアップ市内から車で約1時間半。
この日は朝から微妙な天気だったので、心配になりながら向かいました。

雨季の観光は雨にふられる可能性が高いのでご用心を。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園
プノンクーレン国立公園内の地図
プノンクーレンはライチの山という意味で、その名前の通り山全体が国立公園になっています。
山の麓で入園料(20ドル/人)を支払い、がんがん山道を駆け上がっていきます。山の中の道でほとんど舗装されていないのでめちゃくちゃ揺れます。
耐えましょう。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園
山道からの景色
めちゃくちゃ揺れますが、途中の景色はかなりいい感じでした。
どこの国だよって感じの景色ですね。先輩はキューバっぽいと言っていました。(行ったことないくせに)

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園
プノンクーレンの山道
麓からさらに30分ほど車で上がっていき、下車したらまずは最初の目的地「リンガ・ムイポアン」を目指します。
駐車場から歩いて5分ほどで着きました。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園
リンガ・ムイポアン
こちらが川の中に彫られた遺跡、リンガ・ムイポアンです。
リンガとは男根を表す彫刻で、ムイポアンは千を意味しています。

下品な感じでいうと「千本チ〇コ」ですね。川の中に1km以上続いて彫られているこちらは、実際は千以上あると言われています。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園
プノンクーレン国立公園内の村
プノンクーレンは国立公園ですが、その中に5つの村があり、学校なんかも普通にあります。
次の目的地である寺院はそんな村の中にあります。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園
肉や魚をその場で焼いてくれる
この村は観光客が多いため、観光客向けのお店がたくさん並んでいました。
食事に関してはかなりローカルでしたが、Tシャツやお土産用のはちみつなども売っていました。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園
ワットプリア・アントン入口
2つ目の目的地はこちらのワットプリア・アントンという寺院です。
現在もたくさんの仏教僧が住んでいる寺院で、この日は休日だったこともあり多くのカンボジア人参拝者がいました。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園
入口のゾウの家にいたサル
さすが国立公園だけあって、野生のサルなんかも普通にいました。
たくさんの自然に囲まれると心が癒されますね。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園
ワットプリア・アントン
さきほどの階段をあがって行くといくつか建物があり、上の写真の建物ではこのお寺で一番偉い(徳の高い)僧がお祓いのようなことをやっていました。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園の寺院
お祓い中のお坊さん
正確にはお祓いではないですが、幸せを呼んでくれているらしいです。
久保も一緒に行った人たちとやってもらいました。

手に赤いひもを巻いてくれました。
幸せになれますよーに。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園の涅槃像
ワットプリア・アントンの涅槃像
そしてこちらがワットプリアアントンにある巨大な涅槃像。
9.4mもあり、置いてある部屋自体は狭いので写真に収めるが大変です。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園の涅槃像のある岩
涅槃像の土台
実は先ほどの涅槃像は上の写真の岩の頂点に彫られたものになっています。
どんな発想だよって感じですね。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園の涅槃像の院からの景色
涅槃像のある院からの景色
当然あんな高いところに作られているので景色はバツグンです。
曇り空なのがかなり悔やまれますが、なかなかに壮観でした。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園の道
滝へと続く道
寺院を見た後は最後の目的地である二段滝へと向かいます。
先ほどの寺院からは1㎞ほどの距離。

この周辺も人気の観光地なので、レストランやお土産屋さんが多く並んでいます。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園の滝
二段滝の一段目
さきほどの道をずんずん下っていくとこちらの滝につきます。
上の写真が一段目の滝で、最初の久保の自撮りもここですね。

こっちの滝はカンボジアン人の家族連れなどが多かったです。
久々の滝に久保のテンションもアゲアゲです♪
日本では滝という滝に行ったことないので。。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園の滝へと続く道
二段目の滝へと続く階段
そして先ほどの滝のすぐ下にもう一段の滝があります。
その滝へはご覧のような古びた階段で降りていきます。

階段の長さから滝の規模もなかなかのものと推測でき、久保の期待もふくらみます。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園でかい滝
二段目の滝
どっばーーーーーーー!

想像以上に大きな滝でびっくり。。
しかもなんとこのタイミングで太陽も出てくるという。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園のシェムリアッパー久保
滝と青空と久保とビキニ
こっちの滝では欧米系の若い方々が泳ぎまくってました。眼福でした。
久保も水着持ってきてたら泳いでましたね。

大自然の息吹を感じるプノンクーレン国立公園。
山道のアップダウンが激しいので身体的にはかなり疲れますが、精神的には大きな癒しになりました。

カンボジアにあるプノンクーレン国立自然公園
澄んだ空気と自然が癒しを与えてくれます
TNKトラベルでは今回紹介したこちらのプノンクーレンと、以前ご紹介したベンメリアという神秘的な遺跡を1日で周れちゃう充実のツアーを取り扱っています。

国立公園でトレッキングと秘境で冒険!!
プノンクーレン山 トレッキング+魅惑のベンメリア1日ツアー

↑ツアーの詳細はこちらから

自然が好きな人や少し体を動かしたい人にはおすすめのツアーです。
スケジュール的には移動時間が長いので大変ですが、満足感は久保のお墨付きです。

 

以上、シェムリアップより久保でした。

お願い、久保の日々の更新を応援クリックを。。
カンボジア情報ランキング 

 

 
→ アンコールワット・シェムリアップ←
→周辺遺跡、市内観光ツアーはこちら ←

 

 

◇◆合わせて読みたい記事◆◇

シェムリアップ近郊遺跡人気No1!魅惑のベンメリア遺跡ツアーレポ
【祝】TNKトラベル新サイトオープン&ブログリニューアル!
【ド定番】絶対にはずさない日本人にも人気のカンボジア料理5選
【アンコールワット】カンボジア旅行は何泊がおすすめ?
【2017年】4月5月久保の人気記事まとめ10本

 

カンボジア旅行に関して
メール・LINE等からのお問い合わせ
心よりお待ちしております!!

HP:http://www.tnkjapan.com/ 
TEL: +855 (0) 60-965-835(日本人直通)
MAIL: angkor@tnkjapan.com
Line ID:tabiplaangkor
フォーム:TNKトラベルカンボジアお問い合わせ

<TNKトラベルシェムリアップ支店>

パブストリートから徒歩1分


※Diamond Elephant Travel内日本語デスク

【お土産 for Myself】シェムリアップに来たら絶対に抑えておきたい自分用お土産店!【復活のヤナギー:前編】

 

f:id:TNKANGKOR:20170716162227j:plain

ソクサバーイ!

 

 

 

・・・おや、この声は?

 

 

 

 

 

f:id:TNKANGKOR:20170716162358j:plain

皆様。お久しぶりです!

1年半ぶりに帰ってきました!ヤナギー(体重5kg増)です!

シェムリアップからベトナムはホーチミンに移動して、そちらで勤務しておりました。

 

いやー、久しぶりのシェムリアップですが、色々お店が変わってきていますね。

割りとガチ目に浦島太郎の気分です。

 

あ、僕のホーチミンの活躍が知りたい方は、↓をご参照ください。

tnktraveljapan.seesaa.net

tnktraveljapan.seesaa.net

 

 

短期出張ではありますが、またこうしてブログを書かせていただく機会ができて、

とてもうれしく思っています!

 

後輩のジャスティス(宍倉)とボークー(久保)が、何やらこのブログを盛り上げてくれていますが、負けないくらい、シェムリアップを紹介していきますよ!

 

 

さて、今回は。

 

旅行と言えば、避けられないのが”お土産”ですよね。

会社用、学校用、家族用etc...様々ありますが、僕は自分用のお土産ってのも結構大切だったりすると思います。

 

自分が確かにその観光地に行ったというのを思い出すためにも、雑貨しかり何かしらのアイテムって購入しておくべきだと思うんですよね。

 

写真だと意図せずデータが急に消えちゃうことだってあるわけで、しかも、思い出が写真だけってなんか虚しくありません?

 

っというわけで、今回紹介させていただくのは、自分用に買っておきたいオススメお土産です!

 

 

1.Sui-Joh

カンボジア発のファッションブランドの中で、今、最も飛ぶ鳥を落とす勢いなのがこちらの「Sui-Joh」です。本店はプノンペンなのですが、シェムリアップにも3店舗展開されています。トートバッグ、キーケース、ショルダーバッグなどの他、シャツやパーカーなどの、全てのアイテムがハンドメイドで出来ており、可愛らしく温かみのあるデザインは、男女問わず人気が高いです。

f:id:TNKANGKOR:20170714211756j:plain

カラフルなトートバッグは、女性人気高し!

カラーバリエーションだけじゃなく、アイテムも豊富に取り揃えていらっしゃいますので、自分好みの1品がきっと見つかるはず!

 

f:id:TNKANGKOR:20170716135746j:plain

「かく言う私も、ファンの1人でね。」

 

Sui-Johの名前の由来は、「水上」から来ています。

詳細は、公式ブログをご参照ください!

Sui-Johの名前について

 

公式ホームページ:Sui-Joh | make you happy

 

Sui-Johさんが掲載された他の人気記事はコチラ

tnkjapanangkor.hatenablog.com

 

あ、ちなみにSui-Johさんですが、

TNKトラベル シェムリアップ支店からは徒歩25秒の距離にあります。

 

え、聞こえなかったっですって?

 

TNKトラベル 

シェムリアップ支店

 

から

 

Sui-Johさんまで

徒歩25秒

 

2.Natural Value

カンボジア人女性の自立支援プロジェクトの一環として、2014年4月よりスタートされました。カンボジア国内に自生している水草(ウォーターヒヤシンス)を使った小物やカバンなどの制作をされています。

 

公式ホームページ:NATURAL VALUE | GLOBE JUNGLE

 

f:id:TNKANGKOR:20170716162915j:plain

ナイトマーケットでTシャツを購入して、早速着てみました。

 

シェムリアップのナイトマーケットに出来たばかりの店舗には、

NPO法人「Globe Jungle」が運営する、「くっくま孤児院」の子どもたちが描いたイラストを使用した可愛らしいTシャツも販売されています。

glojun.com

 

↓ナイトマーケットの場所はコチラ

 

 

3.Saboo Sabay 

カンボジア産のハーブを使った石けんや、ハーブティーなどの商品を取り扱っているただのハーブ専門店ではありません。

 

・保存料、合成活性剤、合成着色料などを一切使用していない100%ナチュラル

・日本人監修の元のオールハンドメイド

 

などなど。素材へのこだわりをとことん追求され、

①カンボジアのハーブで人々を癒したい
②カンボジアの良さを世界に伝えたい
③世界の人に心と体の健康を!

 

こちらの3つの思いを元に始まった、シェムリアップでも有数の"プロフェッショナル"ハーブ専門店です!

 

↓より詳しい情報はコチラから!

tnkjapanangkor.hatenablog.com

 

↓久保の体験レポートはコチラ 

tnkjapanangkor.hatenablog.com

 

そうそう!どうやら、インターンシップも募集されているみたいなので、

ハーブに興味のある方、素敵なオーナーRisaさんから学びたい方、ぜひともリンクをご参照くださいませ♪

saboosabay.hatenablog.com

 

4.SUSU

 NPO法人「かものはしプロジェクト」の一環で、カンボジアで頑張っている農村女性を応援したという思い出、作られたブランドです。

最貧困層の女性たちにフォーカスをあて、彼女らがより良い生活と自己実現が出来るような自立支援を、SUSU商品作りを通して行っています。

 

https://lh3.googleusercontent.com/-cGsrUSEYgys/WUOj0JwJ4FI/AAAAAAAATUI/cYhcDoA9lKED2d4HOAm7fcKPKswqbrRxQCE0YBhgL/s1024/IMG_8013.JPG

カンボジアの「いぐさ 」を使用した商品はどれもクオリティが高く、可愛らしいデザインで、特に女性人気が高いみたいです。

 

 

オープンされてから1年経ち、人気急上昇中のSUSUさん。

なんと、TNKトラベル シェムリアップ支店からSUSUさんまでは徒歩20秒の距離にあります。

 

はい、もう一度いいますね。

 

TNKトラベル 

シェムリアップ支店

 

から

 

SUSUさんまで

徒歩20秒

 

Goolge Mapでのリンクはコチラ

「はーい。ここテストに出まーす。」

 

 

 

↓ SUSUさんのより詳しい記事はコチラ

tnkjapanangkor.hatenablog.com

 

↓2017年最新版!はコチラ!

tnkjapanangkor.hatenablog.com

 

↓SUSUさんの工房見学ツアーまとめ!

tnkjapanangkor.hatenablog.com

 

上記以外にも、まだまだ素敵なお店はありますので、

前編はここまで!

 

シェムリアップよりヤナギーでした!

(また書きます!)

 

ヤナギーからのお願い!我々の活躍を1位に応援お願いします!
カンボジア情報ランキング 

 

 
→ アンコールワット・シェムリアップ←
→周辺遺跡、市内観光ツアーはこちら ←

 

2017年7月世界遺産登録!

カンボジア第三の世界遺産に

↓↓↓最安で!?↓↓↓

www.tnkjapan.com

 

◇◆合わせて読みたい記事◆◇
【祝】TNKトラベル新サイトオープン&ブログリニューアル!
【ド定番】絶対にはずさない日本人にも人気のカンボジア料理5選
【アンコールワット】カンボジア旅行は何泊がおすすめ?
【2017年】4月5月久保の人気記事まとめ10本

 

カンボジア旅行に関して
メール・LINE等からのお問い合わせ
心よりお待ちしております!!

HP:http://www.tnkjapan.com/ 
TEL: +855 (0) 60-965-835(日本人直通)
MAIL: angkor@tnkjapan.com
Line ID:tabiplaangkor
フォーム:TNKトラベルカンボジアお問い合わせ

<TNKトラベルシェムリアップ支店>

パブストリートから徒歩1分


※Diamond Elephant Travel内日本語デスク