アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!

アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!by TNKトラベル

カンボジア駐在の日本人がアンコールワットだけじゃないカンボジアの魅力をお届けします!

【2017年7月追記情報有】カンボジア・シェムリアップ空港でできることまとめ!待機時間を賢く、上手に過ごす!


Hatena

Instagram

ソクサバーイ!

 

 

 

初めての海外旅行はカナダのバンクーバーだったヤナギーです。

今回は、カンボジア・シェムリアップ国際空港でできることを紹介したいと思います!

 

f:id:TNKANGKOR:20170722202521j:plain

 

「空港に何があるんだろう。」

「遺跡も市内も観光し尽くしたし、空港に早めにいっちゃおー。」

 

なんてお考えの方必見です。

・・・・

・・・

・・

 

f:id:TNKANGKOR:20170722202602j:plain

 

「SEE YOU NEXT TIME IN SIEM REAP」と書かれた、顔抜き看板。

旅の最後思い出に最適ですね。

 

お土産物ショップ紹介!

シェムリアップ国際空港には、観光客に人気のショップやお土産屋さんが勢ぞろいしています。万が一買い忘れてしまっても帰りの空港で間に合わせることも可能です。

 

f:id:TNKANGKOR:20170722202822j:plain

 

上の写真は「カンボジアティータイム(Cambodia Tea Time)」というお店です。

このお店の人気商品はカンボジアの伝統の焼き菓子ノム・トム・ムーンです。
ノム・トム・ムーンは筒状の小さい焼き菓子で、お土産としても配りやすいのが特徴です。
日本人経営の元、徹底的な衛生管理に基いて製造されておりますので、安心して購入できます。

f:id:TNKANGKOR:20160228205513j:plain

こちらの写真の「アーティザンアンコール(Artisans D'Angkor)」はカンボジア人の自立支援を目的とした伝統工芸品のショップで、技術学校の側面も持っています。

市内には大きな工房があり、そこでは実際に商品が作られている過程を見ることができます。
ショップ内には100%メイドインカンボジアの上質なオリジナル商品が揃っており、中でもシルク製品の取り扱いはカンボジア随一です。

f:id:TNKANGKOR:20160228205420j:plain

こちらの「バンブーインドシン(BAMBOU INDCHINE)」はその名の通り(スペルがちょっと違いますが、)「竹」から出来たオシャレな洋服とリゾートウェアを取り扱うショップです。

竹で出来たアイテムの数々はどれも、風通し良く、欧米人を中心に人気が高いです。
これから蒸し暑くなってくる、日本でも活躍できるアイテムが揃っています。

f:id:TNKANGKOR:20160228205219j:plain

写真左側の「スマテリア(Smateria)」は2006年に誕生した、カンボジア発のエコブランドです。
ショップ内を埋め尽くしているカラフルなバッグは全て蚊帳や漁業で使用され捨てられるはずだった網や、工業用のゴミ袋をリサイクルして作られております。
イタリア人デザイナーが手がけているアイテムの数々はどれもオシャレ可愛く、どれも女性人気が高いです。

f:id:TNKANGKOR:20160228205440j:plain

「モニュメントブックス(Monument Books)」では、外国人向けの書物を購入することが出来ます。カンボジアのことについて書かれた本ばかりではなく、多数の欧米人向け書物を取り扱っていますので、旅の思い出に買って帰るのも一興です。

 

 

f:id:TNKANGKOR:20170722202650j:plain

「CANDY ANGKOR」のロリポップキャンディー。

視覚から楽しめる、可愛らしいデザインは子どもから大人まで人気の商品です。

 

↓「CANDY ANGKOR」の詳細記事はコチラから

tnkjapanangkor.hatenablog.com

 

f:id:TNKANGKOR:20170722202955j:plain

 

麻っぽい素材のシャツや、

 

f:id:TNKANGKOR:20170722203006j:plain

タイパンツなども売られています。

 

f:id:TNKANGKOR:20170722203012j:plain

お値段は大体12ドル。

正直、シェムリアップ市内だと2−3ドル程度で購入できるので、割高ですなぁ。

 

↓お土産を買うなら、こちらの記事もオススメです。

tnkjapanangkor.hatenablog.com

 

tnkjapanangkor.hatenablog.com

 

tnkjapanangkor.hatenablog.com

tnkjapanangkor.hatenablog.com

tnkjapanangkor.hatenablog.com

フードコート紹介!

f:id:TNKANGKOR:20160228205401j:plain

「バーガーキング(BURGER KING)」は日本でも有名なハンバーガーショップですね。
シェムリアップ空港にも入っています。

セットメニューは4US$前後~取り扱っており、とりあえずお腹を満たすことを目的とする場合に無難です。

f:id:TNKANGKOR:20160228205309j:plain

「吉野家(YOSHINOYA)」、もはや説明するまでもないですね。
シェムリアップ市内で、多数の外資系レストランが並ぶ、「キングスロード(KINGS ROAD)」内にもありましたが、2015年8月に撤退し、現在はシェムリアップ空港でのみ食べることができます。日本と比べると割高ですが、味は可もなく不可もなくといった感じですので、安心して食べることができます。

f:id:TNKANGKOR:20160228205306j:plain

「点心皇(TENSHINOH)」は中華料理店です。
・・・すみません。情報は以上です。完全に勉強不足です。

 

f:id:TNKANGKOR:20170722203344j:plain

 こちらの「Taste Of Asia」は、うどんなどの日本食も揃えていました。

一品あたり大体7ドル〜10ドル程度です。

 

 

f:id:TNKANGKOR:20170722203200j:plain

空港内で、特に人気だったのがこちらのコスタコーヒー。

市内中心部のキングスロードにももう1店舗ある、イギリス発の世界的に人気なコーヒーチェーンです。ちなみに日本にはまだ進出していません。

 

f:id:TNKANGKOR:20170722203155j:plain

隣にある、FCC。

・・・閑古鳥が泣いてますね。 。。

 

f:id:TNKANGKOR:20170722203955j:plain

ゲート1〜2の近くにはラウンジがあるようで、

 

f:id:TNKANGKOR:20170722203935j:plain

ラウンジに行くまでには、有名ブランドの免税セレクトショップがありました。

 

f:id:TNKANGKOR:20170722204106j:plain

こちらがラウンジの正面です。

 

f:id:TNKANGKOR:20170722204024j:plain

お一人様あたり$39で、約2時間の滞在ができるとのこと。

サクッと見た感じ、WiFiのサービスがあるほか、携帯電話・スマートフォンの充電設備もあるみたいなので、日本帰国前にチャージが無くなりそうなら、利用するのもアリですね。

 

ただ、シャワーを使うだけだともったいないので、同じ金額を払うくらいだったら、

空港へ向かう前に、事前にSPAなどでシャワーを浴びておくほうがいいかも。

 

↓シェムリアップのオススメSPAはこちらをご参考に!

tnkjapanangkor.hatenablog.com

tnkjapanangkor.hatenablog.com

tnkjapanangkor.hatenablog.com

 

tnkjapanangkor.hatenablog.com

 

※今回の記事は2017年7月22日に訪れた際の物です。
随時、異なる場合がありますので、予めご了承くださいますようお願い致します。

 

シェムリアップ市内でお土産物を買うなら↓コチラの記事をご参考ください!

 

必見、よりディープなカンボジア情報はこちらから。
カンボジア情報ランキング 

 

 
→ アンコールワット・シェムリアップ←
→周辺遺跡、市内観光ツアーはこちら ←

<旅ぷらTNKトラベルシェムリアップ支店>

ADD: No.15A,Mondul1 Village,Sangkat Svay Dangkum

※Diamond Elephant Travel内日本語デスク


TEL: +855 (0) 60-965-835(日本人直通)

MAIL: angkor@tnkjapan.com

Line id:tabiplaangkor

HP:http://www.tnkjapan.com/     :http://cambodia.tabipla.com/