アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!

アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!by TNKトラベル

カンボジア駐在の日本人がアンコールワットだけじゃないカンボジアの魅力をお届けします!

【シェムリアップ】マッサージも受けれるサブーサバイのハーブ体験が贅沢すぎた


Hatena

Instagram

こんにちは (’▽’)」

TNKトラベルシェムリアップ支店の久保です!


久保(左)とサブーサバイ鈴木さん(右)

今回は「Saboo Sabay - サブーサバイ」という天然のハーブ石鹸を製造販売しているお店のハーブ体験プランに参加してきたので、そちらのレポートです。
写真多めです。


サブーサバイのショップ
サブーサバイはシェムリアップ市内のタプール(Taphul)という通りにあります。
決して広くはないですが、おしゃれで素敵な店構えです。

天然ハーブ石鹸だけではなく、お土産にぴったりなフィナンシェや可愛い雑貨もたくさんあります。
ショップについてはこちらの記事をご覧ください。


フレッシュフルーツファクトリー
サブーサバイのお店はこちらのフレッシュフルーツファクトリーという日本人経営の大人気カフェに併設しています。
日本人に限らず多くの観光客が訪れる人気店。


ワークショップ用のスペース
ワークショップはフレッシュフルーツファクトリーの中2階のような場所で行われます。店内ではないです。
色んなハーブが並んでいますね。さぁ何が始まるのでしょうか。


上からみたフレッシュフルーツファクトリー店内
先ほどの部屋からはこんな景色が見えます。
壁のメッセージがすごいです。
あんな高いところにどうやって書いたのでしょうか。。


ワークショップで使うハーブ
ワークショップでは上にある6種の生のハーブと、3種の乾燥ハーブを使います。
写真にあるのはウコン(ターメリック)、春ウコン、レモングラス、こぶみかん(実と葉)、なんきょうです。

ここまで何をするワークショップか言ってませんでしたね。
サブーサバイは天然ハーブ石鹸をメインで作っていますが、実はもう一つ作っているものがあるんです。

それがハーブボールと呼ばれるものです。
ハーブボールの正体については徐々に明らかになります。


フルーツスムージー
ワークショップにはフレッシュフルーツファクトリーのスムージーもついてきます♪
冷たくて美味しいぃぃ。贅沢なり。

カンボジア・シェムリアップにあるサブーサバイのハーブ体験
ワークショップのテキスト
ワークショップを始めるにあたってテキストがもらえます。
今回使うハーブの効能やハーブボールの使い方が詳しく書いてあります。

まずはスムージーをすすりながらハーブについての説明を聞きます。
そんなにかたい感じではなく、普通にお喋りするような感じでした。
説明が終わると実際にハーブボールを作る作業に入っていきます。


ウコンを切る久保
まずはたくさん並べられたハーブたちを細かく刻んでいきます。
さっき説明を受けたので、自分の好きなハーブを多めに入れたり調整できます。

例えばウコンには、その香りにはリラックス作用があり、肌に塗ると傷や炎症の改善、皮脂分泌のコントロールなどの効能があります。


刻んだハーブを潰す久保
そしてハーブの成分をより抽出しやすくするためにガンガン潰していきます。
いいストレス発散になって楽しいです。


ガンガン潰されたハーブ
なんだか美味しそう。。
食べれなくはないですが、美味しくはないです。

この段階ですでにハーブのいい香りがしてきます。
カンボジアでは古くからハーブが薬としても使われており、現代にいたるまでその知識と技術が継承されているそうです。


ハーブボールの中身
そうして細かくなったハーブを、布の上にジャスミンなどの乾燥ハーブと一緒に乗せます。
ほんとに何かの料理みたいに見えてきます。


発展途上ハーブボール
そして下に敷いた布でボール状にしていきます。
ようやくボール感が出てきましたね。


完成間近ハーブボール
形をまるく整えたら、ひもでぐるぐるとしばっていきます。
上部はぴよーんと伸びています。


仕上げはおかーあさーん♪
久保があまりに不器用なため先生が手直ししてくれました。
というかほぼ一からやり直してました。笑
さーせんm(_ _;)m

そんなこんなで久保のオリジナルブレンドのハーブボールが2つもできました。


嬉しそうな久保とハーブボール
中身は自分で作りましたから!
この2つのハーブボールはこのあとすぐ使います。
ここまでで1時間くらい。


ミニハーブボール
さっきの生ハーブを使ったハーブボールの他に、なんとお土産用のミニハーブボールも作っちゃいます。
これは乾燥ハーブのみでつくるので、使い方次第で半永久的に使えるそうです。

肝心の使い方はこんな感じ。カンボジア・シェムリアップにあるサブーサバイのハーブ体験
ハーブボールの使い方
カンボジアではハーブボールマッサージというものが、古くから民間伝統療法として用いられてきました。
温めたハーブボールを皮膚にあてることで、血液循環の促進はもちろん、ハーブのエキスは毛穴より小さいので、皮膚から直接血液まで浸透します。

そしてこのワークショップの後には自分で作ったハーブボールでのマッサージを受けることができるのです!
これは嬉しい。


スパに向かうトゥクトゥク
ということで、作ったハーブボールを持ってスパに向かいます。
移動時間は5分ほどです。風が気持ちいい~。


マッサージを受けるスパ
こちらのスパにてハーバルボールマッサージの施術を約90分受けます。
ちなみにこちらのスパも日系だそう。

あんまりマッサージされ慣れていない久保ですが、自作のハーバルボールを使ってくれるとのことでわくわく。


マッサージルーム
施術はカンボジア人のセラピストの方がしてくれます。
マッサージの前に施術効果を高めるため、深呼吸やセラピストさんと波長を合わせたりしました。
ヨガなんかでもそうですが、深くてゆっくりとした呼吸は大事です。


蒸し器に入ったハーブボール
ハーブボールはこのように蒸し器に入れてアツアツになります。
適温になったらそれを全身に押し当てていきます。

とてもいい香りがしてとてもリラックスできます。
施術後には血流が良くなったためか体が軽く感じられました!
この日の夜はいつも以上に熟睡できたような気がします。

マッサージが終わったら、お店にもどってなんとお好きなハーブ石鹸(60g)をもらえます!
それを受け取ったら全行程終了です。

カンボジア・シェムリアップにあるサブーサバイのハーブ体験
サブーサバイのハーブ体験プラン一覧
サブーサバイのハーブボール作成体験には3つのプランがあり、久保が今回参加したのは180分の「贅沢ハーブプラン」です。

滞在最終日や、ちょっと時間ができた時に気軽に参加でき、お土産もゲットできるのでおすすめです。

40分、60分のプランではお土産用の小さい方のハーブボールを2つ作ります。
プランについて詳しくは下記HPからお問い合わせください。
http://saboosabay.wixsite.com/japanese

 

《店舗情報》

名前:Saboo Sabay

営業時間:11:00~20:00

定休日:月曜日

連絡先:+855 86-96-8877

ロケーション:Taphul Rd, Krong Siem Reap (Fresh Fruits Factory横)
https://goo.gl/maps/HGCYfPzzk1n

 

フレッシュフルーツファクトリー(FFF)も素敵なお店なので、サブーサバイに行った際にはFFFで一休みするのもおすすめです。

以上、シェムリアップより久保でした。

 

あ、なんかこれクリックするとランキング上がるらしいので、お願いします。

これこれー。ポチってポチって。 

 

 
→ アンコールワット・シェムリアップ←
→周辺遺跡、市内観光ツアーはこちら ←

 

 

◇◆合わせて読みたい記事◆◇

シェムリアップに来たら100%天然の極上ハーブ石鹸をゲットせよ 
【祝】TNKトラベル新サイトオープン&ブログリニューアル!
人生初スパ!シェムリアップのスパレポート「Khmer Relief」 
子供から大人まで楽しめること間違い無し!「手工芸体験@カンボジア
【2017年】4月5月久保の人気記事まとめ10本

 

メール・LINE等からのお問い合わせ
心よりお待ちしております!!

HP:http://www.tnkjapan.com/ 

TEL: +855 (0) 60-965-835(日本人直通)

MAIL: angkor@tnkjapan.com

Line ID:tabiplaangkor

Twitter: @TNK_Angkor

<旅ぷらTNKトラベルシェムリアップ支店>

パブストリートから徒歩1分

※Diamond Elephant Travel内日本語デスク