カンボジアを楽しく過ごすために必要な7つのこと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアを楽しく過ごすために必要な7つのこと!@旅ぷらTNKトラベルJAPAN シエムリアップ支店

カンボジア現地駐在の日本人が現地より楽しく過ごせるような生情報を紹介します!

MENU

シェムリアップからベンメリアまで格安で行ってみた

まずは景気づけにこちらをクリックしてください!

 

↓↓↓

 

≫≫カンボジア情報といえばココ!≪≪



新年あけましておめでとうございます。

昨年はご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
本年も何卒宜しくお願い致します。


ご無沙汰しております。
TNKトラベルシェムリアップ支店のししくらです。


勤めだすと時間が過ぎるのが早いもので、2015年の11月中旬に入社してから1年と1ヶ月が経ちました。
シェムリアップ在住1周年記念に何か挑戦してみたいなと思ったので、12月5日に初ベンメリアを自転車で行ってきました。

 

f:id:TNKANGKOR:20170108181727j:plain


ルートは上の通り。
グーグル先生によると
国道6号線に出て、ひたすらに東進
ダムデックという町まで来たら国道6号線を外れてひたすらに北進という至って単純な道程。

当日起床は朝3時!
ベッドの上でゴロゴロとグーグル先生と相談しながらやっぱり止めようかなとうだうだしつつ、5時前に出発!

シヴァター通りと国道6号線の交わる交差点にある24時間営業の水と豆とタブレットを購入!
いざ、東進です。

f:id:TNKANGKOR:20170105165424j:plain


基本的に国道6号線とベンメリアまでの幹線道路は全て舗装済みです。
しかもアプサラロードと交わる地点までは中央分離帯のある片側2車線道路で街灯もあります。

アプサラロードを過ぎると中央分離帯がなくなり対面通行の片側2車線道路になります。この地点でも街灯はあります。
そしてシェムリアップの郊外にあるバス停の地点を過ぎると街灯がなくなります。

f:id:TNKANGKOR:20170108192155j:plain



真っ暗な道をびくびくしながらペダルを漕ぐこと数十分、ロリュオス遺跡群のあるエリア(バコン郡)まで到着。

f:id:TNKANGKOR:20170105165546j:plain


この地点で段々と空が白み始めてきました。

引き続き東進を続けると太陽が地平線から出てきました!

f:id:TNKANGKOR:20161205061141j:plain


ところで、ししくらが独断と偏見でおススメするシェムリアップで食べるべき料理の一つに「竹ご飯」があります。
竹の筒の中にもち米や小豆、ココナッツミルクを入れて炊いたクメール式お赤飯はちょっぴり甘いのですが、炊き立てがめちゃくちゃ美味しいんです!
その竹ご飯が売っているのがバコン郡を東へ数キロ、ダムデックから西へ十数キロのエリアです。
その辺りはロードサイドに竹ご飯を売っているお店が立ち並んでいます。

f:id:TNKANGKOR:20170108161515j:plain

 

シェムリアップからプノンペンやベンメリア、コーケーに行く際には通る地点なのでご興味のある方はドライバーやガイドにお声がけを!!

通学の学生たちの集団に混ざりながら7時頃にダムデックに到着!

f:id:TNKANGKOR:20161205071714j:plain


写真奥の道に左折します。

この道をひたすら真っすぐに進むとベンメリアです。


ベンメリアまで18km地点。

f:id:TNKANGKOR:20161205082745j:plain


完全に定員を無視したミニトラック。

f:id:TNKANGKOR:20161205091239j:plain


川で魚取りをする子供たち。

f:id:TNKANGKOR:20161205093836j:plain


ベンメリアチケット売り場とタイ・レッドブル(元祖)

f:id:TNKANGKOR:20161205101117j:plain

 

ベンメリアチケット

f:id:TNKANGKOR:20161205103530j:plain



予想以上に神秘的なベンメリア遺跡!!

f:id:TNKANGKOR:20161205123319j:plain

 

f:id:TNKANGKOR:20161205125701j:plain



帰りはベンメリアの駐車場で知り合いのTUKTUKドライバーサクサクさんにあって彼のお客さんの欧米人とシェアをする形で町まで帰ってきました。

f:id:TNKANGKOR:20161205142152j:plain


今回シェムリアップからベンメリアまで休憩や写真撮影を含めて約5時間ちょい、ベンメリア観光が約3時間、復路が約2時間という行程でした。


総評:

ベンメリア遺跡はツアーの旅行者に人気のスポットなので、9時から11時頃そして13時以降は多かったです。
狙い目としては朝の早い時間か昼食の時間は人が少なくてのんびりと観光できます。
また、木々や苔が多い遺跡なので雨季がベストシーズンです。

今回は私は往路に5時間掛かってしまいましたが、
国道6号線の路面状況は予想以上に良いので写真を撮ったり休憩を取らなければ、普段から身体を動かしている人+状態の良い自転車であれば片道3時間くらいで行けると思います。
また、ダムデックーベンメリア間は長閑な村落が続いており現地民の私生活が垣間見えるのが特徴です。

是非皆さん挑戦してみて下さいね(^^)


ベンメリア遺跡はアンコール遺跡の次に人気の遺跡ですが、
「自転車はちょっと・・・。」という方は是非お車で快適に観光なさって下さい!

自動車で行く弊社ベンメリア遺跡ツアーはこちら!!

ジブリの世界へようこそ!! 天空の城ラピュタのモデル!? 魅惑のベンメリア遺跡半日ツアー(午前発)|シェムリアップとその周辺の観光・オプショナルツアー 旅ぷら

 

ジブリの世界へようこそ!! 天空の城ラピュタのモデル!? 魅惑のベンメリア遺跡半日ツアー(午後発)|シェムリアップとその周辺の観光・オプショナルツアー 旅ぷら

-----------------------------------------

◇◆オススメコンテンツ◆◇

【渡航者必読】カンボジアビザの全て!! - カンボジアを楽しく過ごすために必要な7つのこと!現地駐在日本人が紹介!

【要注意!】ベトナム再入国および空港でのアライバルビザに関して【要注意!】2016年8月追記!! - カンボジアを楽しく過ごすために必要な7つのこと!現地駐在日本人が紹介!

【旅行者必読!!】カンボジア・シェムリアップ移転情報!(2016年8月1日版) - カンボジアを楽しく過ごすために必要な7つのこと!現地駐在日本人が紹介!

「必読!! カンボジア・シェムリアップで気を付ける5つのこと」 - カンボジアを楽しく過ごすために必要な7つのこと!現地駐在日本人が紹介!


◆今月のツアー催行スケジュール!

※同日のツアーでしたら、お一人様でも2倍料金にならずにご参加可能です!

カンボジアはアンコールワットだけじゃない!
メール・LINE等からのお問い合わせお待ちしております!!

 

Line id:tabiplaangkor

f:id:TNKANGKOR:20150808205632j:plain

angkor@tnkjapan.com

Facebook:旅ぷらカンボジア

f:id:TNKANGKOR:20150808211958g:plain

QRコードなら一発で登録可能です!

◆TNKトラベルJAPAN シェムリアップ支店

ADD: No.15A,Mondul1 Village,Sangkat Svay Dangkum
TEL: +855 (0) 60-965-835(日本人直通)

MAIL: angkor@tnkjapan.com

Line id:tabiplaangkor

HP:http://www.tnkjapan.com/     :http://cambodia.tabipla.com/

Twitter@TNK_Angkor

 

 

CMAN QRコード作成

旅ぷらYoutube! カンボジア鍋を食べに行ってみた!