読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアを楽しく過ごすために必要な7つのこと!@旅ぷらTNKトラベルJAPAN シエムリアップ支店

カンボジア現地駐在の日本人が現地より楽しく過ごせるような生情報を紹介します!

ガイドブックに載っていない最新の情報が盛りだくさん盛りだくさん!!

カンボジアの観光地シェムリアップで、節約するために知っておくべき4項目!

お役立ち情報

まずは景気づけにこちらをクリックしてください!

 

↓↓↓

 

≫≫カンボジア情報といえばココ!≪≪

 

スオスダイ!

 

お風呂に入る時、水が入った2㍑ペットボトルを敷き詰めて、
かさ増し増しで(二郎風に)浴槽に浸かってたヤナギーです。

 

突然ですが、旅をするのに必要なものって何でしょう。

 

バックパック?

 

パスポート?

 

意気込み?

 

どれも正解だと思いますが、何か1つ忘れていませんか?

 

それは・・・

 

 

 


お金(Money)です。

 

f:id:TNKANGKOR:20160304214449p:plain

―「金が全てじゃねぇが、全てに金が必要だ」。
(闇金ウシジマくんより)

・・・・

・・・

・・

 

 

今回はカンボジア・シェムリアップで滞在する際、事前に知っておくと節約に役立つ4項目を紹介します。

 

①食事代・②滞在費・③交通費・④入場料

上記4項目に分けて、それぞれお知らせしたいと思います。

 

①食事代

f:id:TNKANGKOR:20160304215319j:plain

パブストリートやオールドマーケット近辺で食事を取られる方が多くいらっしゃいますが、この近辺が最も食事代のかかるエリアですので、少しでも支出を抑えたい人は避けたほうがよろしいかと。値段を抑えたいのなら、屋台やローカルレストランで食べるのが1番です。

 

②宿泊費(ホテルやゲストハウスなど)

f:id:TNKANGKOR:20151206012059j:plain

色んなウェブサイトを参考に、ご宿泊先を決められる方も多いと思いますが、
安さ以上に気をつけてないといけないのが、「セキュリティ」です。

安さにつられて、預けた荷物が戻ってこないようなホテルにはくれぐれも

泊まりたくはないですよね。日本人経営の安心できるホテルを紹介させていただきますので、どうぞ、ご参考ください。

 

The City Premium guest house(ザ シティ プレミアム ゲストハウス)

The City Premium guest house(ザ シティ プレミアム ゲストハウス)を格安でご予約したい方はコチラ!

 

シェアハウスのような雰囲気がただよう、日本人オーナーのゲストハウスです。

スタッフは日本語だけでコミュニケーションが取れるので、滞在中に言葉の面でストレスを感じることはほとんどありません。

 

Mantra Angkor Boutique Villa(マントラ アンコール ブティック ヴィラ)

Mantra Angkor Boutique Villa(マントラ アンコール ブティック ヴィラ)を格安でご予約したい方はコチラ!

 

市内中心部から少し離れた静かなエリアにある、日本人経営のゲストハウスです。

カフェテリアやビリヤード台などもあり、滞在中は快適に過ごせること請け合いです。

オーナーさんが気さくな方ですので、滞在中はお気軽にご相談可能です♪

 

IKI IKI G.H.(イキイキ ゲストハウス)

IKI IKI G.H.(イキイキ ゲストハウス)を格安でご予約したい方はコチラ!

 

親日カンボジア人オーナー家族が経営している、宿泊客がほとんど日本人のゲストハウスです。家族経営だからこその暖かみがあるサービスが売りです。国道6号線沿いから、一本入った閑静なエリアに位置し、ドミトリータイプからファンのみの部屋など様々な部屋のタイプがあるので、事前にご確認くださいませ。

 

③交通費(移動手段など)

f:id:TNKANGKOR:20160209165954j:plain

大抵のホテルやゲストハウスにはトゥクトゥクや自転車レンタルが
有料(まれに無料で)あるので、市内の移動でしたら利用してみましょう。

アンコール遺跡群ほどでしたら、トゥクトゥクや自転車レンタルでも行けなくはないですが、ただし、アンコール遺跡群以外の郊外遺跡に行く際は、やはり車の利用が安全面から言って、1番良いです。

 

④入場料(遺跡や博物館など)

f:id:TNKANGKOR:20160211135203j:plain

思ったよりもかかってしまうのが、入場料。アンコール遺跡群は1日券が20US$、3日券が40US$、7日券が60US$となっています。また、博物館などの施設は大体5US$~12US$程度です。それぞれ、お子様料金の設定があるので、お子様連れの場合、年齢確認のために、予めパスポートのコピーなどを用意しておくのがベターです。アンコール遺跡群の主要な場所、いわゆる小回りルートだけなら1日券で十分です。しかし、1日券だと、雨などの天候不良により別日に変更することなどができないので、ご注意を。大回りルートや朝日鑑賞・夕日鑑賞を行う場合、複数日利用できる券を予め購入しておくほうが、効率的です。アンコール遺跡群の共通入場券で入れる郊外遺跡もあるので、複数日券を買って、他の遺跡も行ってみたいという人は下記ツアーがオススメです。

 

以上となりますが、もし現地の生情報を知りたい場合には下記ツアー
ご参加いただくことをオススメいたします!

 

tnkjapanangkor.hatenablog.com

 

その他にも知っておくと便利な情報集↓

 

tnkjapanangkor.hatenablog.com

 

 

tnkjapanangkor.hatenablog.com

 

 

tnkjapanangkor.hatenablog.com

 

カンボジアはアンコールワットだけじゃない!

 

angkor@tnkjapan.com

Facebook:旅ぷらカンボジア

f:id:TNKANGKOR:20150808211958g:plain

Line id:tabiplaangkor

f:id:TNKANGKOR:20150808205632j:plain

QRコードなら一発で登録可能です!

travel.blogmura.com

◆TNKトラベルJAPAN シェムリアップ支店

ADD: No.15A,Mondul1 Village,Sangkat Svay Dangkum
TEL: 06-096-5835(日本人直通)

MAIL: angkor@tnkjapan.com

Line id:tabiplaangkor

HP:http://www.tnkjapan.com/

Twitter@TNK_Angkor

 

CMAN QRコード作成

旅ぷらYoutube! カンボジア鍋を食べに行ってみた!

◆今月のツアー催行スケジュール!

※同日のツアーでしたら、お一人様でも2倍料金にならずにご参加可能です!