読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアを楽しく過ごすために必要な7つのこと!@旅ぷらTNKトラベルJAPAN シエムリアップ支店

カンボジア現地駐在の日本人が現地より楽しく過ごせるような生情報を紹介します!

ガイドブックに載っていない最新の情報が盛りだくさん盛りだくさん!!

ローカルフードのCockles食べました! inシェムリアップ

現地 地元 食べ物 珍味 ○○の日常 ローカル 小腹 屋台 お得情報 安い 人気 日常生活 おいしい やばい おもしろ
チュムリアップ・サオ、ゆまおです。

昨日は学生が増えたと思っていましたら、今日は一変様々な年齢の方を見ました!

赤ん坊を連れての遺跡観光を楽しんでおられる夫婦の方や、ご年配の夫婦、学生の女性二人旅などなど多くの方に出会いました。


さて、今日は屋台で売られて、地元の子供から大人まで誰もが食べているあれを
勇気を出して食べてみました!!


名前はCockles!
どんなものか想像がつきますか?



そうですよね!
さっぱりだと思います。


こちらがそのCocklesです!!



f:id:TNKANGKOR:20150208204803j:plain



アサリを小さくしたような貝です。


このように台の上に売られているのが一般的で

f:id:TNKANGKOR:20150208210043j:plain


たまにこのような蓋付きの屋台もあります。



どちらにも2種類の味があり、

一つは辛くないもの

もう一つはカンボジア人が好きなとてつもなく辛いもの


の二種類です!!




このCockles特徴的なのが食べ方で、アサリの酒蒸しのように貝がパッカと開いたものは一つもなく

全てがしっかり閉じています。



そのため食べるには貝殻を歯で砕かなくてはなりません。



ただそのまま砕くことは硬いもの好きで歯には自身がある僕でさえ出来ませんでした!!



どうやるの?

Cocklesをくれた子供達にコツを教えてもらうと


縦に貝をして、少し柔らかい所に前歯を入れて砕くということでした!!



なかなかコツが掴めない僕に子供たちが丁寧にレクチャーしてくれますが爆笑!!



やっとの思いで開けることができ

いざ、実食!!


みは貝殻いっぱいにあり、ふっくらしていました!


味付けはクメール料理らしい、スパイスと調味料で見た目より美味しく頂けました!!



色々な所で売っているので是非皆さんも悪戦苦闘しながらかつ楽しみながら食べてみてはいかがですか?



もちろんお腹は壊さないはずです!

僕が壊していないので!



今日はこの辺で
リア・ハウイ!



 

http://travel.blogmura.com/cambodiatravel

 

◆TNKトラベルJAPAN シェムリアップ支店

ADD: ANGKOR RIVERSIDE HOTEL(Khum Slakram Siem Reap)
TEL: 06-096-5835(日本人直通)

MAIL: angkor@tnkjapan.com

HP:http://www.tnkjapan.com/

Twitter@TNK_Angkor   

○アンコールワット以外の見所に行きたい方にオススメ!!

◆魅惑のベンメリア遺跡ツアー  ~まるでジブリの世界!?~ $45(複数人数で割引あり!!)
ジブリ映画の人気作、「天空の城ラピュタ」のモデルになったと言われている、ベンメリア遺跡にご案内致します。
巨大な樹木が寺院に絡みつき、原型を留めないほどひどく崩壊をした姿は、
「天空の城ラピュタ」を思わせるような光景です。
そんなベンメリア遺跡で一緒に探検をしましょう♪

◆シェムリアップ郊外3大見所ツアー ~欲張りなあなたにおススメ!! $70
シェムリアップ=アンコールワットと思ってはいませんか!?
このツアーではシェムリアップの郊外にあるバンテアイ・スレイ遺跡、プノーン・クレン、
ロリュオス遺跡というあまり知られてないけど穴場の観光地にお客様をご案内致します。
1日で3つの見所を効率よく巡るツアーです♪

◆プレアヴィヒア寺院ツアー ~天空の寺院で冒険しよう!! $140
2008年にカンボジアで2つ目に登録された、
比較的新しい世界遺産のプレアヴィヒア寺院にご案内致します。
625mの断崖の頂上に建っており、天空の寺院とも呼ばれています。
眼下にはカンボジアの緑の大地が広がり、どこまでも延びる地平線が見え、訪れる人々に感動を与えてくれます。

バンコク、プノンペン、ホーチミン行きのバスの手配も行っております。
当日予約、当日発券も可能です。

◆その他各種サービス取り揃えております。お気軽にご相談下さい。
*************************************************************************************